ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

相続人

半血兄弟

生涯独身であった長兄が亡くなりました。相続人となる兄弟姉妹は私を含め弟妹が3名です。
ところが、預金の相続をするために戸籍を調査していたところ、父は母と結婚する前に他の女性と短い期間婚姻関係にあり、その女性との間に子供が1人いることが判明しました。離婚によりその母親の戸籍に入っています。50年以上前のことで、親戚一同、誰もこの人のことを知りません。未だにこの兄弟にも、相続権が残っているのでしょうか。

民法上、いわゆる半血兄弟にも相続権があります。ただし、半血兄弟の相続分は全血兄弟の2分の1となります。(民法900条4号但書)
このため、本件でも、前妻の子にも他の兄弟の半分の限度で相続権があることになり、相続手続をするために連絡を取る必要があります。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。