ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

負債の調査方法

マイナス財産の引き継ぎ

マイナス財産の引き継ぎについて

相続は、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産も引き継ぐことに なります。そのため、遺産分割をする上では、被相続人が生前に有していた借金などの負債も相続されますので、遺産分割の対象になるかどうかが問題になってきます。 過去の裁判例では、金銭債務などの分けられる債務は、相続の開始と同時に法律上は当然に分割され、相続人がそれぞれの相続分に応じて負債を引き継ぐとされています(最高裁判所昭和34年6月19日判決)。

もっとも、相続人全員が合意すれば、負債も遺産分割の対象として、誰が負担するか話し合って決めることが可能です。このことは、相続開始後に発生した債務(葬儀費用等)についても同様であり、相続人全員の合意により、遺産分割の対象にすることができます。 なお、注意が必要なのは、その負債の債権者(金融機関等)との関係では、相続人の間で取り決めたとおりに債務を分割するよう主張することはできないという点です。債権者とは個別に話し合いの場を設けて、誰が債務を承継するのかという点をしっかりと決めておくことが必要です。

以下では、生前に発生した債務(相続債務)と相続開始後に発生した債務に分けて、どのような書類でこれらの債務を確認すべきかを説明します。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。