ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

その他の財産の調査方法

引渡請求権

引渡請求権について

買主である被相続人が売買(贈与)契約書調印後、代金決済前に死亡した場合等には、売買(贈与)契約に基づく対象物の引渡請求権が債権として被相続人の遺産となります。 被相続人が死亡する直前にどのような契約を締結していたのかを確認するため、被相続人が当事者になっている契約書が残されている場合には、この契約書の内容を詳細に確認し、引渡請求権の対象となる物及び対象者を把握するようにしましょう。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。