ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

相続の法律と手続全般

遺留分に関する手続

遺留分とは

遺留分について

遺留分とは、被相続人が有していた財産の一定割合について、最低限の取り分として、一定の法定相続人に保障する制度をいいます。被相続人は、生前贈与や遺言により自己の財産を自由に処分することができるのが原則ですが、この遺留分制度によって、処分の自由が一定限度で制限されていることになります。ただし、遺留分に違反する贈与や遺贈も当然には無効とされず、遺留分減殺請求を待ってその効果が覆されます。

詳しくは、「遺留分」カテゴリをご覧ください。

遺留分減殺請求の通知

相続開始後、遺留分減殺すべき贈与・遺贈があったことを知ったときから1年とされています。遺留分減殺すべき贈与・遺贈があったことを知らない場合でも、相続の開始から10年を経過すると、遺留分減殺請求をすることができません。

詳しくは、「5. 遺留分減殺請求の通知」をご覧ください。

(遺留分減殺すべき贈与・遺贈があったことを知らない場合)遺留分減殺請求の時効消滅

遺留分減殺すべき贈与・遺贈があったことを知らない場合であっても、相続開始から10年を経過すると、遺留分減殺請求権は消滅します。

詳しくは、「5. 遺留分減殺請求の通知」をご覧ください。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

各種相続問題のご案内

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 オフィシャルサイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 遺産相続専門サイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 税理士サイト