ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

相続の開始から3か月以内

相続するか否かの選択(相続放棄・限定承認・単純承認の選択)

相続放棄

相続財産中、マイナスの財産が多ければ、相続放棄を検討する必要があります。 相続放棄をする場合、相続人になったことを認識したときから3か月以内に家庭裁判所で手続をとる必要があります。

限定承認

相続財産中、マイナスの財産があるが、プラスの財産とどちらが多いか不明の場合、限定承認を検討する必要があります。 限定承認とは、相続はするけれども、マイナスの財産については、プラスの財産の限りで責任を負うという相続の方法です。 これにより、相続財産中のプラスの財産とマイナスの財産を清算し、プラスの財産があれば、相続するということになります。 限定承認は、相続の開始を知ってから3か月以内に、相続財産目録を作成し、家庭裁判所へ提出し、相続人全員が共同して限定承認の申し出を行う必要があります。

単純承認

単純承認とは、プラスの財産もマイナスの財産も全て相続するという相続の方法です。 単純承認をするつもりがなくても、(1)相続財産を処分した場合、(2)相続開始を知ってから3か月を経過した場合、(3)相続財産を隠匿・消費などした場合には、単純承認があったものとみなされます。

詳しくは、「相続の承認、相続の放棄」をご覧ください。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

各種相続問題のご案内

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 オフィシャルサイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 遺産相続専門サイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 税理士サイト