ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

相続の開始から3か月以内

(自筆の遺言書があれば)家庭裁判所での検認

自筆の遺言書を発見した場合、家庭裁判所での検認手続が必要です。 検認とは、遺言書の存在及び内容を相続人に知らせ、家庭裁判所において、遺言書の形式など検認時点での内容を確認する手続です。 あくまで、後日の遺言書の偽造や変造を防止するための手続であり、遺言書の内容の有効性を判断するための手続ではありません。

また、封印がされている遺言書の開封も、家庭裁判所において、相続人の立会いのもと行わなければなりません。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

各種相続問題のご案内