ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

相続の開始前

成年後見人の選任

認知症などにより財産管理が困難な場合、本人やご親族の方などより家庭裁判所に対し、後見開始の申立てを行う必要があります。 後見開始の申立てには、診断書や親族の同意書などの書類が必要となります。

任意後見契約

将来、認知症になった場合に備え、お元気な間に任意後見契約を行います。 任意後見契約であれば、信頼できる人を任意後見人とし、任意後見人にあらかじめ決めた内容の事務を任せることができます。 家庭裁判所への申立てにより、任意後見監督人を選任することにより、任意後見監督人が、任意後見人の活動を監督することになります。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

各種相続問題のご案内

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 オフィシャルサイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 遺産相続専門サイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 税理士サイト