ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~20:00

遺産分割審判

遺産分割審判とは

遺産分割調停が不成立になった場合には、遺産分割の審判へ移行し、裁判官(家事審判官)が遺産の分割方法を決定することになります。なお、調停が不成立で終了した場合には、当然に審判手続に移行することとされていますので、別途家庭裁判所に審判の申立てをする必要はありません。

遺産分割審判では、遺産の評価、特別受益、寄与分等、相続人間で争われている点について、証拠に基づいて確定的に判断してもらえますので、協議が合意に至らなかったとしても、最終的に何らかの解決ができます。ただし、遺産分割調停のみならず審判まで行う場合には、多大な時間や手間がかかります。また、遺産分割審判に至った場合には、柔軟な解決を図ることはほとんどできません。たとえば、遺産分割審判では、遺産分割の対象となる財産についての判断しかできません。

さらに、遺産分割の前提問題や、遺産分割に付随する問題については、遺産分割審判では判断されず、地方裁判所に対して別途民事訴訟を提起して解決するほかありません。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~20:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。