ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

遺留分の紛争の事前対応策を知りたい!

価額弁償の抗弁の弁償額の確保

遺留分に配慮して一定の金融資産を渡す遺言書を作成する方法のほかにも、価額弁償の抗弁を行うための金融資産を確保する方法があります。 たとえば、生命保険を活用することで、遺留分減殺請求を受ける者に速やかに金融資産を確保することができるとともに、一定の範囲内であれば、遺留分額を減少させる効果を期待できます。

また、遺言書作成時点において、遺留分に充つる程度の十分な金融資産がないことが判明した場合には、相続開始までの間に十分な金融資産が確保できるように余裕をもって生前に財産を処分しておくという対策をとることも考えられます。 このように、その金銭を確保しておいてあげれば、万一、遺留分紛争が起こっても、すぐに鎮静化することが可能となります。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。