ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

遺留分減殺請求の概要

遺留分減殺請求権を行使できる者

遺留分減殺請求が行えるのは、(1)遺留分権利者及び(2)その承継人です。 承継人には、遺留分権利者の相続人、包括受遺者、相続分の譲受人など包括承継人に加え、特定承継人(例:遺留分減殺請求権を個別に譲り受けた者)も含まれます。

Q&A

遺留分権者の債権者が、遺留分権者の遺留分減殺請求権を代位行使は可能でしょうか?

できません。
遺留分減殺請求権は、遺留分減殺請求権者のみが行使できる性質(行使上の一身専属性)を有するため、遺留分権利者が、これを第三者に譲渡するなど、権利行使の確定的意思を有することを外部に表明したと認められる特段の事情がある場合を除き、債権者代位の目的とすることができないとされています(最一小判平成13年11月22日(民集55巻6号1033頁))。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。