ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~20:00

遺言書の内容を検討するにあたっての注意点

3つの問題

遺言の内容を決めるためには、次の3つの問題を検討しなければなりません。

  1. 財産・事業の承継の問題(希望する者に財産・事業を承継できるか)
  2. 遺留分の問題(相続人の遺留分を侵害しないか)
  3. 相続税の納税の問題(相続人、受遺者が相続税を納税できるか)

遺言を作成するにあたって、遺言者本人の気持ちがもちろん一番大事ですが、それによって他の相続人の遺留分を侵害して遺留分をめぐる裁判になってしまったり、財産をもらった相続人が納税に困ったりするような事態は避けなければなりません。 したがって、遺言の内容を検討するにあたっては、上記3つの問題をできる限り解決できるように工夫する必要があります。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~20:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

各種相続問題のご案内