ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~20:00

遺言執行とは

遺言執行の主な内容

1. 認知

遺言による認知がなされている場合、 遺言執行者は、 就職の日から10日以内に戸籍上の届出をしなければなりません(戸籍法64条)。

2. 廃除やその取消

遺言による相続人の廃除および廃除の取消については、 遺言執行者が、その請求を家庭裁判所になし、 確定後に戸籍上の届出をする必要があります (戸籍法97条、 63条1項)。

3. 財産の移転

遺言執行者は、不動産、有価証券の引渡し、預貯金の払戻し等の事実行為を行って、受遺者に財産を移転させる必要があります。

4. 財産の名義移転

遺贈された不動産について、遺言執行者は登記義務者となり、受遺者との共同申請によって名義移転手続を行います。

5. 訴訟追行

遺産や遺言執行に関する訴訟が提起された場合には、遺言執行者が訴訟当事者となります。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~20:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

各種相続問題のご案内