ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~20:00

遺言執行とは

相続、遺言の専門家である弁護士を遺言執行者に

1. 遺言執行者とは

遺言執行者は、相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有します。遺言執行者がいる場合には、相続人は、遺言の対象となった相続財産の処分その他遺言の執行を妨げるような行為は一切禁止されます。この規定に反した相続人の行為は無効です。

2. 遺言執行者の任務

遺言執行者は、就任後次のような事務処理を行います。

  1. 相続人・受遺者へ遺言執行者に就任した旨の通知を出す。
  2. 相続財産リスト(目録)を作成し、相続人・受遺者へ交付する。
  3. 受遺者に対して、遺贈を受けるかどうか確かめる。
  4. 不動産があるときは、相続登記の手続をする。
  5. 遺言に従って受遺者へ財産を引き渡す。
  6. 相続財産の管理、その他遺言の執行に必要な一切の行為をする。

3. 遺言執行者を選任する際の留意点

遺言執行者の任務は上記のように多岐にわたり、極めて大変です。相続人の一人を遺言執行者に指定することはもちろん可能ですが、相続人の一人が遺言執行者になると、遺言の内容に不満を持つ相続人との間で対立が生じ、円滑な執行ができず、また親族間の感情的対立が生じる可能性があります。

また、金融機関によっては、相続人が遺言執行者の場合、結局相続人全員の署名、実印による捺印を求められる場合があります。したがって、遺言の内容を、第三者の立場から忠実に、かつ公平に実行してくれる専門家の遺言執行者を指定しておくことが賢明です。当事務所は相続、遺言を専門に取り扱う弁護士事務所として多数の遺言書の作成を行った実績があり、また、多数の遺言執行者就任の実績もあります。

相続手続は極めて煩雑であり、また、少しでも取扱いを誤ると、親族間の相続紛争が発生してしまう危険性もあります。相続紛争を生じさせないよう遺言を作成するわけですから、遺言執行者についても、安心できる遺言に強い弁護士を選任することをお勧めします。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~20:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

各種相続問題のご案内