ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~20:00

遺言の効力

遺言の取消し・撤回

また遺言に詐欺や強迫などの遺言取消事由があって遺言が取消された場合、遺言効力は失われます。 遺言効力は、遺言の成立時でなく、遺言者の死亡のときから発生するとされています(民法985条)。その一方遺言者はいつでも遺言の方式に従って、遺言の全部又は一部を撤回することができます。

また、遺言で財産承継の方法を規定した場合であっても、その後、その遺言内容と異なる生前処分を行うことは自由です。その場合、生前処分と抵触する部分について遺言を撤回したものとみなされます。その場合、遺言効力は発生しない結果となります。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~20:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

各種相続問題のご案内