ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~20:00

遺言の効力

自筆証書遺言の偽造の可能性がある場合(筆跡が遺言者本人のものかどうか疑わしい場合)への対応策

1. 自筆証書遺言の自書の要件

自筆証書遺言は、遺言者がその全文、日付、氏名を自書しなければなりません。自筆証書遺言は証人や立会人の関与なく作成される遺言であるため、遺言書が遺言者の意思によって作成されたものであることを明らかにするために、この自書の要件が設けられています。自筆証書遺言の筆跡が遺言者本人のものかどうか疑わしい場合には、どうすればよいか問題となります。

2. 遺言無効確認訴訟

自筆証書遺言は、遺言者の自書の要件を欠けば、遺言としての効力は生じません。よって、筆跡が疑わしいことを理由に遺言の効力を争いたいと考える場合には、遺言無効確認訴訟を提起することとなります。この裁判での争点は、遺言者が遺言書を自書したかどうかという点に集約されます。

自書性の検証の方法としては、筆跡鑑定が中心となるほか、生前の遺言者の言動等から推認される遺言者の意思からして、遺言書に記載された内容が不自然でないかという点についても考慮されることがあります。筆跡鑑定の前提として、遺言者が自書を行った他の資料(日記や書簡等)が必要となりますので、これらの資料を収集しておく必要があります。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~20:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

各種相続問題のご案内