ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~20:00

遺言の効力

遺言書が複数あった場合の遺言書の効力

1. 方式の確認

遺言者は、何回でも遺言を行うことができるため、遺言者の死後になって複数の遺言書が発見されると、どの遺言書が優先するのかが問題となります。

もっとも、遺言は要式行為ですから、発見された複数の遺言書について、それぞれが、遺言の形式を遵守しているかをまず確認する必要があります。形式を満たしていない遺言書は、そもそも法律上の遺言とはいえないため、遺言の優劣に関して考慮を行う必要がありません。

2. 遺言の撤回

遺言者には、遺言撤回の自由があり、後の遺言によって、前の遺言の全部又は一部を撤回することができます。「前の遺言を撤回する」と明記されていない場合でも、前の遺言と後の遺言が抵触する場合(前の遺言の内容と、後の遺言の内容が両立しない場合)には、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなされます。

このように、複数の遺言書が存在し、かつ前後の遺言の内容が抵触する場合、その優劣は、作成日の前後によって決することとなります。また、遺言の撤回は遺言の方式によって行わなければなりませんが、各遺言の方式を問いません。たとえば、公正証書でした遺言を、自筆証書遺言で撤回することも差し支えありません。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~20:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

各種相続問題のご案内