ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

遺言書の書き方

自筆証書遺言について

自筆証書遺言を作成するためには

自筆証書遺言を作成するためには、 遺言者が、
(1)遺言書の全文、日付、氏名を自書し
(2)これに押印すること
が必要です。さらに、
(3)自筆証書遺言の加除、 その他の変更は、 遺言者がその場所を指示し、 これを変更した旨を付記して署名し、 かつその変更場所に押印しなければならないことになっています。

遺言者の自筆が要求されているのは、自筆証書遺言の作成には証人や立会人が必要でないこととの関係上、遺言内容が遺言者の意思にもとづくことを明らかにしておくためです。

日付の記載が要求されているのは、複数の遺言が発見された場合に、遺言者の最終の意思を記載した遺言がどれであるかを判別するためです。また、遺言作成時点を明らかにしておけば、遺言時の年齢や意思能力(遺言能力)といった遺言の有効要件を判別する手がかりにもなります。

このような自筆証書遺言の長所と短所は次のとおりです。

長所

  1. いつでも、どこでも簡単に作成できる。
  2. 誰にも知られずに作成できる。
  3. 作成時の費用がほとんどかからない。

短所

  1. 財産の記入漏れ、記入ミスなど、形式に不備が生じやすい。
  2. 作成後、相続人に改ざんされたり、隠されたりしやすい。
  3. 家族に見られるのをおそれて隠すようにしまっておくと、相続人に見つけてもらえないというリスクもある。
  4. 真実、本人の意思で作成されたものであることについての保証がなく、「本人が次男にだまされて作った」「判断能力がないことをいいことに、長女に言われるがまま作った」などといった主張をされ、遺言の有効性をめぐって争いになる可能性がある。
  5. 遺言者の死亡後、家庭裁判所で検認をしてもらう必要があるが、検認には時間がかかり、遺言書を使用した相手続が遅延してしまう。

上記のような短所を考慮すると、相続時のトラブルを防止するためには、公正証書遺言の方が優れています。 よって、遺言を行う場合には、なるべく公正証書遺言によるべきでしょう。

当事務所の所属弁護士は、これまで1万件以上もの公正証書遺言の作成実績がございます。 公正証書遺言の作成については、遺言・相続を専門とする当事務所にご相談ください。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

各種相続問題のご案内