ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

遺言書の書き方

船舶隔絶地遺言について

1. 船舶隔絶地遺言とは

船舶隔絶地遺言とは、

  1. 遺言者が、船舶という隔離された場所にいる場合に
  2. 船長又は事務員1人及び証人2人以上の立会があること
  3. 遺言書を作成すること
  4. 遺言者、遺言書の筆者、証人及び立会人が、各自、遺言書に署名、押印すること

によって作成される遺言です。

船舶隔絶地遺言は、危急時遺言のように、遺言者が死亡の危急に迫っている必要はありません。

2. 隔絶状態の終了

遺言者の死亡後には、家庭裁判所で検認手続を経る必要があります。

一方、隔絶状態の終了によって、遺言者が普通方式の遺言を行うことが可能になった時から6ヶ月間生存するときは、船舶隔絶地遺言の効力は失われます。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

各種相続問題のご案内