ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~20:00

遺言書作成上の注意点

共同遺言の禁止

1. 共同遺言とは

2人以上の者が、同一の証書(遺言書)で遺言を行うことを共同遺言といいます。

民法は共同遺言を禁じています(民法975条)。共同遺言を認めると、遺言条項が複雑化したり、各遺言者が遺言を撤回、変更できる範囲があいまいになって、遺言の自由を制限するおそれがあるなど、不都合が生じるからです。

2. 「同一の証書」の解釈

たとえ、遺言条項として完全に独立して、それぞれの遺言条項の作成者が明確に特定できる場合でも、複数人が同一の証書で遺言を行えば、共同遺言となります。

なお、作成名義の異なる2通の遺言書が、別紙に記載されてつづられているものの、容易に切り離すことができる場合には、共同遺言にあたらないとされた裁判例(最高裁平成5年10月19日判決)が存在します。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~20:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

各種相続問題のご案内