ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

東京高等裁判所 平成24年(ネ)第6567号 遺言有効確認請求控訴事件 |弁護士法人朝日中央綜合法律事務所

東京高等裁判所 平成24年(ネ)第6567号 遺言有効確認請求控訴事件 |弁護士法人朝日中央綜合法律事務所一覧

遺言 自筆証書遺言遺言能力認知症公正証書遺言

判例No. 1041

東京高等裁判所 平成24年(ネ)第6567号 遺言有効確認請求控訴事件

事件番号東京高等裁判所判決/平成24年(ネ)第6567号
判決日付平成25年3月6日
判示事項

以前に妻に全財産を相続させる旨の自筆証書遺言をしていた遺言作成当時81歳の高齢者の実妹に全財産を相続させる旨の公正証書遺言につき、本件遺言当時、遺言者は、うつ病と認知症に罹患しており、判断能力が耗弱した状態で、意思能力を備えていたと認めることが困難であり、遺言能力があったとはいえないとして、後に作成された公正証書遺言が無効であると判断した事例。


test01