ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

第1 遺産分割協議に難航した事例

事例11 非上場会社の株の価値が問題となったケース

事例11 非上場会社の株の価値が問題となったケースのアイキャッチ画像

相続関係

父が逝去、相続人は相談者(長女)と相手方(長男)。

財産の内容

非上場会社の株式

相談内容

父が家内工業を興しており、兄に既に代表取締役の地位を譲っていたので、会社の株式を兄が取得することに特段反対はしていませんでした。
しかし、兄は、会社の株式の価値は1億円程度であり、私に5,000万円の代償金を支払うと言って聞きませんでした。
私は会社の株式に興味はありませんでしたが、遺産は公平に分けるべきであるのに、株式の価格の提案があまりに一方的で納得することができませんでした。

結果

当方は当グループ所属の税理士とタッグを組み、法務的な観点と税務的な観点から株式の価値をできるだけ高額に評価し、1億8,000万円は下らないと算定した上で、改めて相手方と交渉しました。
結果として、相手方が遺産を全て取得した上で、当方に代償金8,000万円を支払うという形で合意が成立しました。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

解決実績

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 オフィシャルサイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 遺産相続専門サイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 税理士サイト