ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

相続財産

遺族年金

父が亡くなり、母が遺族年金を受給することになりました。
これは、相続財産に含まれますか。

遺族年金とは、厚生年金や共済組合等の加入者が死亡し、かつ個々の支給要件を満たす場合に、その遺族に対して給付される金銭のことをいいます。
このような遺族年金は、加入者(被相続人)の死亡によって具体的な財産請求権が発生するものであり、遺族年金請求権を相続財産と考える可能性もありそうです。しかし、遺族年金はその受給権者や支給規定が法律で個別に定められており、また遺族の生活保障を目的とする金銭であるため、相続財産ではなく、受給権者固有の権利であると解釈されています。したがって、遺産分割協議により特定の相続人が請求権を取得するということも考えられません。

また、遺族年金を受給することになった相続人について、これを特別受益と考えることができるかですが、遺族年金は、遺族の生活保障という趣旨で給付され、その金額も少額にとどまることから、特別受益として考慮されることはないと解釈されています。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。