ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

相続財産

共同相続と賃貸

一人暮らしをしていた母が亡くなり、母名義の自宅が空き家で残っています。
法定相続人は私(二女)を含め、姉妹3人です。
遺産分割の話合をしていますが、末妹が色々と不満を述べて、話が進まず、自宅の登記も母名義のままです。
空き家のまま自宅を放置しているのも物騒なので、売却するか、賃貸に出せないでしょうか。

まず、居宅全体の売却についてですが、未分割の相続財産は法律上共有とされ、共有者全員の同意がなければ売却することができません。末妹の意思に反して居宅を売却することはできません。
他方共有物の賃貸は、共有者間の持分の価格に従い、その過半数の意思で行うことができます。
したがって貴女と長女は、末妹の意思に反しても居宅全体の賃貸借を強行することができます。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 オフィシャルサイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 遺産相続専門サイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 税理士サイト