ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

第1 遺産分割協議に難航した事例

事例28 亡き父の未分割の遺産が問題となったケース

事例28 亡き父の未分割の遺産が問題となったケースのアイキャッチ画像

相続関係

母が逝去、相続人は相談者(長男)と相手方(二男)。

財産の内容

不動産

1,000万円

金融資産

1,000万円

相談内容

相手方にほぼすべての遺産を譲るという自筆の遺言書が見つかりました。しかし亡父親の遺産分割もまだ明確には終わっていない状態でしたので、まずどのように分割協議を進めて行くべきなのか分からず、右往左往していました。

結果

当方は、まず母の固有の遺産と、母の相続分に従って母が取得すべき父の未分割の不動産の範囲を明確に区切り、その上で調停を申し立てました。
結果として、
(1)母の遺産は相手方が全て取得する。
(2)亡父の未分割の不動産は当方が全て取得。
(3)相手方が当方に解決金として600万円を支払う。
という調停が成立しました。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

解決実績