ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

特別受益

特別受益―遊興費

先日、母が亡くなりました。相続人は、私と弟です。
ところで、弟は10数年前に何年間か、ギャンブルに嵌まり、母がその尻拭いをしていた時期がありました。総額で500万円程度はあったとのことです。預金通帳から振込みの経過は証明できます。
これを特別受益として、弟の相続分を減らすことが出来ますか。
また、特別受益になるとしても、10年以上経っていることから、時効で消滅しているということがありますか。

民法の条文上、特別受益が認められるのは「婚姻、若しくは養子縁組のため若しくは生計の資本として贈与を受けた」場合に限定されています(903条1項)。したがって、生計の資本ではない単なる遊興費などは、特別受益には含まれません。

但し、遊興費で生活費が不足したために、援助した等の理屈が付けば、特別受益にあたるとされる可能性も皆無ではありません。そのような場合、こちら側から相手方が生計の資本として贈与を受けたことを立証しなければならないでしょう。
なお、特別受益に期間制限はなく、時効にかかることはありません。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 オフィシャルサイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 遺産相続専門サイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 税理士サイト