ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

遺産分割

遺産分割協議の不成立

主人が亡くなり、主人名義のマンションと預金の一部を私が、そして、残りの預貯金を子供3人に均等に相続したいと思っています。ところが、主人と折り合いの悪かった末の息子が、多めに預金が欲しいといって全く話合に応じません。どうしたらいいでしょうか。

遺産の相続において、被相続人の遺言が無ければ、原則として、相続人間の任意の話合によって、遺産の分割方法を決めることになります。これを遺産分割協議といいます。
しかし、相続人間に何らかの事情により、合意が成立しない場合には、家庭裁判所に遺産分割の調停を申し立てて,調停委員を間に入れて話し合いを行うという方法があります。ただし、これも話合の一種ですから、どうしても同意できないという相続人が一人でもいれば、調停は成立しません。
調停でもなお話し合いが決着しない場合には,家庭裁判所の審判により強制的に遺産分割を行うという方法があります。但し、審判では裁判所が法定相続分に従って分割方法を決めますので、希望されている分割方法が法定相続分を超過している場合等には、希望通りの分割にならない可能性がある点に注意が必要です。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 オフィシャルサイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 遺産相続専門サイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 税理士サイト