ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

遺産分割

遺産分割協議の内容と遺産分割調停・審判への反映

父が亡くなり(母も数年前に死亡)、相続人は子供及び代襲相続人たる孫を含め5名です。
実家の稼業を継いでいる二男に自宅土地建物と預貯金の相当部分を相続させることでほぼ合意しましたが、婚家の商売が上手く行っていない末妹が預貯金を多めに相続したいと言い出し、協議がまとまりません。
家庭裁判所に調停を申立てた場合、既に合意済みの協議内容に末妹を同意させることが出来ますか。

遺産分割協議は、法定相続人全員による合意によって成立します。一人でも不同意の相続人があれば、それは協議成立とはいえません。
家庭裁判所に調停も申立てても、理論上は話合を一からすることになり、仮に他の4名が署名捺印した協議書を提出しても、重要な参考資料とはなりますが、これに拘束力があるわけでは全くありません。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 オフィシャルサイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 遺産相続専門サイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 税理士サイト