ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

遺留分

生前贈与と遺留分侵害額請求1

被相続人から生前に多額の贈与(特別受益)を受けた相続人がいるような場合に、この贈与の財産額は遺留分算定にあたって考慮されますか。

特別受益と遺留分の関係について

2019年7月1日以降に開始した相続については、遺留分を算定するための財産の価額を算定するにあたり、相続人に対する贈与の価額について「婚姻若しくは養子縁組のため又は生計の資本として受けた贈与の価額に限る。」とされています(民法1044条3項)。これは、従来、遺留分について相続の特別受益の規定が準用され(改正前の民法1044条が903条を準用)、相続人が受けた特別受益財産も遺留分の算定の基礎財産となると解されていましたが、これを明確化したものといえます(最高裁平成10年3月24日判決参照)。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 オフィシャルサイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 遺産相続専門サイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 税理士サイト