ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

第1 遺産分割協議に難航した事例

事例9 遺産の一部の取得が問題となったケース

事例9 遺産の一部の取得が問題となったケースのアイキャッチ画像

相続関係

父が逝去、相続人は相談者(二女) と 相手方(長女)。

財産の内容

不動産

1,000万円

Y銀行普通預金

700万円

その他の金融資産

2,400万円

相談内容

私は、生前、父から、「自分に万一の事があったらY銀行の預金はお前に遺す」と言われていましたが、遺言書にしたためていたわけではなく、また、他の遺産の扱いは決めていませんでした。
そのため、姉は、そんなの私の虚言だ、とか、そんなの認められない、などと言って私の話に聞く耳を持ってくれませんでした。

結果

当方は、父が生前、相談者に対する感謝の気持ちとしてY銀行の預金を譲ると確かに言っていた旨を立証していき、Y銀行の預金は当方が特別に取得すべきものであることを前提に協議を進めていきました。
結果として、
(1)当方がY銀行の普通預金を取得する。
(2)相手方は(1)以外のすべての遺産を取得する。
(3)当方に対して(2)の代償金2,400万円を支払う。
という調停が成立しました。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

解決実績

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 オフィシャルサイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 遺産相続専門サイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 税理士サイト