ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

第1 遺産分割協議に難航した事例

事例10 会社の支配権をめぐって問題となったケース

事例10 会社の支配権をめぐって問題となったケースのアイキャッチ画像

相続関係

父が逝去、相続人は相談者(長男) と 相手方(長女、二女)。

財産の内容

不動産

1億5,000万円

金融資産

2億円

非上場会社の株式

発行済み株式の30%

相談内容

先代である父は会社を興し、非上場ではあるものの、この業界では日本のトップクラスに至るまでの成長を遂げました。
私は父の後継者として代表取締役に就任していました。しかし、父の死亡により株式の30%が遺産として宙ぶらりんの状態になってしまいました。
この30%の株式が全て遺産であるとして相手方が取得する形となれば私を追い出すこともでき、会社が傾く可能性も現実にありました。
父がここまで成長させた会社を、私が継いだ直後に潰すわけにはいきません。また、通常通り事業を進めて行く必要もありますので、何としてもこの問題は早急に決着をつける必要がありました。

結果

30%の株式の帰属によっては会社の支配権が覆る可能性もあり、慎重な対応を要せられました。
また、宙ぶらりんとなった株式でも代表者を決めれば議決権を行使されるリスクも残っていました。
そこで、遺産の範囲に争いのない株式について、まず先んじて分割することの合意を適えました。
結果として、3ヶ月弱程度の交渉で、30%の株式全てを当方が取得するという一部分割の合意に成功しました。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

解決実績

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 オフィシャルサイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 遺産相続専門サイト

弁護士法人 朝日中央綜合法律事務所 税理士サイト