ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

第1 遺産分割協議に難航した事例

事例20 早期の審判が適ったケース

事例20 早期の審判が適ったケースのアイキャッチ画像

相続関係

父が逝去、 相続人は4名の子。
相談者は長女、二女、二男、相手方は長男。

財産の内容

不動産

1,800万円

金融資産

1,200万円

相談内容

相手方(長男)とは遺産分割協議が順調に進んでいったように感じていましたが、突如、「自分が全て相続する」という趣旨の電話を1度してから、それ以降全くの没交渉となりました。父が亡くなった直後も相手方は私に暴言を吐き、親戚中の噂になっていました。
ですので、私としては、早期にこの相続手続きを終わらせて、相手方とは縁を切りたいことが最優先の希望でした。

結果

当方は直ちに遺産分割調停を申し立てました。相手方は出頭しませんでしたが、裁判所に当方の意向の承継方針と財産資料を提出していきました。相手方の出頭の見込みがないようでしたので、裁判所に対して早急に審判を出すように強く要請していきました。
結果として、調停が不調となって、直ちに、「全ての遺産を当方が取得した上で代償金750万円を支払う」という当方の意向通りの審判が出るに至りました。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。

解決実績