ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~17:00

解決例

第1 遺産分割案で当事者間にはなはだしい対立のあった事例

事例22 相続分の譲渡を受けた後に調停に代わる審判で解決に至ったケース

事例22 相続分の譲渡を受けた後に調停に代わる審判で解決に至ったケースのアイキャッチ画像

相続関係

夫が逝去、相続人は妻と8名の義兄弟姉妹。
相談者は妻、相手方は義兄弟姉妹のうちの1名。

財産の内容

不動産

250万円

金融資産

1,500万円

相談内容

主人が亡くなってから久々に主人の兄弟と連絡を取りました。7人は自身の相続分は要らない、私に譲るといっていましたが、相手方には内容証明を送っても全く反応がなく、相手方の家族に連絡をしましたが、関わりたくないと言われてしまい、困り果てています。

結果

まず、7人の相続人から相続分の譲渡を正式に受領し、それを前提に調停を申し立てました。相手方は出頭の見込みすら立たなかったため、「調停に代わる審判」での早期解決を求め、
結果として、
(1)全ての遺産を当方が取得し
(2)相手方に約55万円の代償金を支払うという審判が出るに至りました。