ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

各種相続問題のご案内

遺産の名義変更

有価証券について

有価証券とは

有価証券とは、財産上の権利を表章した証券であって、その権利の移転及び行使に当該証券が必要になるものを指します。 具体的には、株式、投資信託、国債、社債などが有価証券に含まれます。ここでは代表的な株式・投資信託を例に説明します。

株式・投資信託についても、預貯金の解約手続きと同様、(1)遺言があるかないか、(2)遺言がある場合、遺言執行者がいるかいないか、によって手続きが異なりますが、基本的な手続きの流れとしては、前項の預貯金の解約手続きの場合と同様です。

  1. 遺言がない場合:相続人全員で遺産分割協議書を作成したうえで、原則として相続人全員で手続きを行う必要があります。
  2. 遺言があり、遺言執行者がいる場合:遺言執行者が、遺言に基づいて手続きを行う必要があります。
  3. 遺言があり、遺言執行者がいない場合:遺言により、有価証券を取得する相続人または受遺者が手続きを行う必要があります。

詳しくは、「具体的な預貯金の解約手続き」をご覧下さい。