ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

各種相続問題のご案内

相続税

相続税で課税される財産

1. 相続税の課税される財産には、どのようなものがありますか

相続税の課税される財産は、端的に言えば、相続又は遺贈により取得した財産で経済的価値があると認められる全てのもの(例えば現金・預貯金、有価証券、不動産、絵画・骨董品、生活用動産、ゴルフ会員権等)ですが、本来の(民法上の)相続・遺贈財産に加え、下記1、2、3もこれに含まれます。

  1. 相続又は遺贈により取得したものとみなされる財産(例えば死亡保険金や死亡退職金)
  2. 相続又は遺贈により財産を取得した者が、その相続の開始前3年以内にその相続に係る被相続人からの贈与により取得した財産(贈与により取得したとみなされるものを含み、下記3に該当するものを除く。)
  3. 相続時精算課税制度の適用を受ける贈与により被相続人から取得した財産