ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

不動産の調査方法

ブルーマップ

ブルーマップについて

ブルーマップとは、登記所に備え付けの「地図」あるいは「地図に準ずる図面」(いわゆる公図)をゼンリンの住宅地図の上に重ね合わせて作成した図面のことをいいます。住居表示と地番は一致しているケースもありますが、特に都市部においては一致していないケースがほとんどであるため、遺産である不動産の地番しか分からず、住居表示が不明な場合には、ブルーマップを利用して当該不動産の住居表示等を確認する必要があります。 また、反対に住居表示しか分からない場合には、ブルーマップにより地番を確認することもできます。

ブルーマップ(SAMPLE)

取得方法

以下三つの方法にて取得することが可能です。

(1) 法務局

ブルーマップは、通常、所轄の法務局に備え付けられているため、登記事項証明書等を入手する必要がある場合には、登記所で同時に確認しておくと手間が省けます。

(2) 各種図書館

各種図書館に所蔵されている分についてはそれをコピーして利用することができます。 国立国会図書館には、全国分(ブルーマップが発売されていない地域を除く。)のブルーマップが所蔵されております。

(3) インターネットサービス

現在では、インターネット上で、ブルーマップの閲覧等のサービスを実施している会社もあります。

ご相談をご希望の方は、下記よりお電話かメールでご相談受付にお申込みいただけます。

電話で相談受付に申し込む

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

※通話料は無料です

メールで相談受付に申し込む

ご相談受付フォーム

通常1~2営業日以内に担当の弁護士から
ご連絡させていただきます。