ご相談受付

0120-803-628 受付時間:平日9:00~19:00

名古屋家庭裁判所 平成20年(家ホ)第366号 養子縁組無効確認請求事件 |弁護士法人朝日中央綜合法律事務所

名古屋家庭裁判所 平成20年(家ホ)第366号 養子縁組無効確認請求事件 |弁護士法人朝日中央綜合法律事務所一覧

養子縁組 認知症縁組意思

判例No. 1030

名古屋家庭裁判所 平成20年(家ホ)第366号 養子縁組無効確認請求事件

事件番号名古屋家庭裁判所判決/平成20年(家ホ)第366号
判決日付平成21年11月20日
判示事項

亡甲の兄である原告が、被告と甲との間の養子縁組の無効確認を求めた事案において、甲には前頭側頭葉型認知症が疑われ、躁状態による脱抑制、人格変化が認められる問題行動も起こしていたのであるから、原告に対する一時の反発感情から、養子縁組の効果についてよく理解せず、本件養子縁組をしたと推認し、養子縁組の無効を確認した事例。


test01